京の老舗1830年創業、京の宿 綿善旅館

七代目 小野雅世さんに対して一番の印象は「まっすぐに目を向けてくる」ところであった。たぶんご自分の心の声、家族の声(先祖の声、子供たちの声も)、社員とお客様の声、時代と都市の声にもまっすぐに目をむけ、耳を傾けるお方であろう。

そして、すごい行動派。小さい時の反発心からいざ京都脱出、銀行員、主婦を経て、父に誘われ、家業に携るようになる。最初の潜入アルバイト経験は、のちに年間休日数を増やすなどの経営課題への経営改革の力になったようだ。

やはり、自分も自分の子供も働いてみたくなる会社を作らなくちゃ。

中国語ウェイチャットブログ版

曾要逃离京都?老字号京之宿绵善第七代趣聊京都人、家业改革与倾听 (qq.com)

関連記事

  1. 300年京都の老舗 京果匠 笹屋詩織 150年唯一無二のどら焼き

  2. 京都現存最古の畳屋さん 有限会社井半

  3. 最も究極の果物を人びとのつながりに提供していく 1834年創業の千疋屋…

  4. 1716年創業の笹屋伊織 150年のここだけのどら焼き(中国語版動画)…

  5. 「世界に本家にしかないものを見せる」日本最古の綿布商永楽屋

  6. 心清聞妙香 300年の香老舗 松栄堂

アーカイブ